ブログ

レバーを美味しくたべるコツとは?| やきとり家すみれ新宿西口

2017.03.01

こんにちは、やきとり家すみれ新宿西口店です。

 

栄養たっぷりのレバーは、独特の匂いがあり、苦手な人も多くいます。

 

レバーは、調理方法によっては、とても食べやすくなります。

 

レバーを美味しく食べられる食べ方、調理方法について調べてみました。

レバーの選び方

 

独特の匂いがあるレバーは、レバー選びもとても重要です。

 

スライスされたものより、塊で、赤みに鮮やかさがあり、発色良く、弾力あるものが新鮮でオススメです。

 

白く濁ってきてしまっているものは、新鮮さに欠けてきているため、避けましょう。

 

調理方法

 

レバーを調理するときは、まずは、レバーの独特な匂いを消すことから始めましょう。

 

血抜きは、血の塊を取り、洗って流水に15分ほど置きます。長時間の置きすぎは、

 

ビタミンB、ビタミンCが一緒に流されていってしまうため、気をつけてください。

 

血抜き後は、臭み消しをします。臭みを消すためには、牛乳、お酒、生姜汁につけることをお勧めします。

 

み消す方法として牛乳が一番有名ですね。2ー30分ほどつけると、臭みも消えて、調理もしやすくなります。

 

このほかにも、お茶の出がらしを臭み消しとして使っている人もいます。カテキンが臭みを消す作用があります。

 

お茶の出がらしを使う場合は、必ず冷めたお茶を使ってください。

食べ方

 

レバーといえば、レバニラが有名ですね。レバニラは、レバーも、ニラも共に匂いがあるものですが、

 

ちょっとした工夫で、とても食べやすくなります。

 

レバニラは、下ごしらえでしっかりと臭み消しをし、レバニラに使うニラ以外にも、野菜をたっぷりと入れ、

 

野菜炒めの中にあるレバーのようにして食べると、とても食べやすいです。

 

野菜からも、レバーからも栄養が取れて一石二鳥ですね。

 

この他にも、レバーのレモンペッパーはとてもおすすめです。

 

レモンと、胡椒でさっぱりとレバーを食べることができます。

まとめ

 

レバーには、葉酸、鉄分がとても多く含まれているため、貧血予防にとても優れています。

 

肝臓病の治療食としても使われるレバーは、ダイエットにもカロリーが低く、とても人気です。

 

臭み消しでレバー苦手な人は、是非この機会にチャレンジしてみてくださいね。

 

 

 

新宿駅西口から徒歩2分

和を基調としたスタイリッシュな空間で堪能する、

産地直送、鳥取県産大山どりが自慢の『焼鳥ダイニングすみれ』

お得な2H飲み放題付コースは、2980円~◎個室ございます!

最大108名様までOKの広々店内。個室席もございます。

ご家族や女性が気軽に楽しめるよう雰囲気を改革し、

テラス席や縁側を設置しモダンな感じに。

今までとまったく違う「やきとり家すみれ」に是非!

 

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

 

 

やきとり家すみれ新宿西口店PR担当でした。

アクセス

やきとり家 すみれ 新宿西口店
住所
〒160-0021 東京都新宿区西新宿 1-12-7 第二清新ビル4階
電話番号
050-7302-5187
営業時間
■月~金
17:00~24:00(料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:30)
■土・日
ディナー 16:00~24:00(料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:30)
日曜営業
※1/12~緊急宣言解除まで全日休業とさせていただきます。

ご予約